キャンペーン金利とは

キャンペーン金利とは

業界再編が話題になる昨今、金融業界もその例外ではありません。
ということで、さまざまな「キャンペーン」は消費者金融各社にとって、ユーザーに対するサービスであると同時に「生き残り戦略でもあります。
特に「無利息キャンペーン」は、利益のもとである利息を捨てるわけですから、そうとうの「出血大サービス」です。
もちろん、無利息と言っても、各社が定めた期限内であればという条件付きです。
その期間はというと...無利息の期間は、30日間というケースが多いようです。
そして、無利息の期間を超過してしまえば、当然のことながら金利が付くことになります。
期限内に確実に完済できる当てがあるのなら、ほとんどノーリスクでお金を使えることになります。

キャンペーンの利用対象となるのは、新規での契約に限るというのが大半のようです。
既に何度も利用しているのであれば、無利息の恩恵にあずかれないということになりますが、一部の消費者金融会社では、「期間中、何度利用しても無利息」ということもあるようです。

消費者金融とは違いますが、住宅ローンなどでもキャンペーン金利がある場合があります。
住宅ローンは、当初期間優遇タイプといって、金利優遇幅が借入れ当初の固定期間では大きく、以後は小さくなるものがあります。
一方、全期間一律優遇タイプは、全期間一律の金利優遇幅が適用されますが、その幅は前者より小さいというのが一般的です。
融資総額の大きな場合、上手く、キャンペーンを利用すれば相当額を節約できる可能性があります。

お金を借りるに当たっては、金利が高いか、低いか、返済計画を左右する大きな要素となります。
各社のキャンペーンを上手に利用すれば、かなり負担が軽減できるかもしれません。
あちこちに情報のアンテナを張っておくと朗報が得られるのは世の常です。
当サイトでも各社のキャンペーン情報を随時、掲載していますので参考にしてください。