オートローン 審査 基準

オートローンの金利、最低金利はBMWのキャンペーン金利?

快適なカーライフを満喫するために、オートローンは、今や欠かすことのできない便利な存在となっています。
フリーローンなどとは違い、車を購入するという使用目的が明確なこともあり、他のローンと比較して、金利が低い傾向にあります。
これまでのオートローンのなかで最低金利はBMWの新車購買キャンペーンで1%というのがありました。
キャンペーン金利なので、今は違いますが、あれは「すごすぎる」金利だと記憶しています。

それ以外ですが、インターネットなどのランキングを見ると、以下の会社が上位に挙げられているようです。

まず、損保ジャパンは、言わずと知れた損害保険会社の大手です。
実質年率が、新車なら2.90〜3.80%という低さが人気の秘密となっているようです。
中古車でも、3.50〜4.20%です。
新車・中古車共に金利は保証込みです。
オンラインで申込みができる点が、忙しい人にも受けています。

日立キャピタルは、その名の通り電器メーカー大手の日立系列で、信用度も抜群です。
実質年率が保証込みで2.90%からという低さで、オンラインで申込みができる手軽さも好評です。

銀行も健闘しています。スルガ銀行は、実質年率で7.00〜18.00%で、最大300万円まで融資可能です。
返済は、全国のゆうちょ銀行、セブン銀行、E-netが利用できるので、利用者には好評のようです。

オートローンは、ネットバンクからも利用できます。
住信SBIネット銀行は、実質年率5.50〜10.00%で、最大500万円まで融資可能です。
SBI証券口座保有登録が済んでいれば、金利が0.5%優遇されるという特典付きです。

ジャパンネット銀行は、ネットバンク最大手として、あまりにも有名です。
実質年率6.50〜18.00%で、最大300万円まで融資可能です。
もちろん一切の手続きは、全てオンラインで行います。

消費者金融をオートローンに使うトレンド

また、トレンドとしては、消費者金融=キャッシングをオートローンとして用いる方法が注目されています。
もともと、通常の銀行などのオートローン融資に比べ、審査や手続きが簡便なので手軽にローンできること、そして最近は各社とも金利も頑張っており、一部銀行と肩をならべるほどの金利をオファーしている消費者金融会社もあります。
これには、バックに大手銀行がついているから、などの影響もあるかもしれません。
基本的に用途フリーなので、車両代金だけでなく他の付帯部品や必要品にもまとめて使えるあたりも便利ですね。

▼モビットはこちらから申し込めます▼

LP素材 250x300

キャッシング会社一覧はこちらから→クリック!

オートローンの審査基準メニュー

オートローンの審査基準リンク