オートローン 審査 基準

オートローンの審査基準とは?

オートローンを行う会社は日立キャピタルやオリコ、ジャックスなど多数ありますが、大きな形態として分けると以下になります。

●信販会社系のオートローン
●銀行系のオートローン

そして、オートローンの審査基準はそれぞれ会社や金融機関によって異なります。
まず、信販系とは、多くの場合、販売会社やディーラーがらみのローン会社となっており、簡単に言えば「車を売るための作られたローン(商品)」ということです。
「車を売る」ことが目的のローンですから、審査基準は銀行系にくらべると高くないと言われています。
しかし、以前は信販会社からディーラーへのキックバックがあったり(もちろんその原資はお客さんの支払いです)と、不透明な点を指摘されたこともあります。
一般的に考えられるデメリットは以下になります。

・金利が銀行系に比べると高めの場合が多い
・借入上限額が低い場合がある
・車検証などに記載される所有者が販売店や信販会社になってしまう

一方、銀行系のローンの審査基準はやや高いと言われています。
正社員としての勤務実績がそれなりにあればよいですが、フリーターなどにとってはちょっと難しい審査基準かもしれません。
また、銀行の場合、審査に時間がかかるのもデメリットのひとつで、1週間以上かかることもまれではありません。
デメリットをまとめると以下になります。

・審査基準が高め
・審査結果に時間がかかる

第3の選択肢は簡単・スピーディなフリーキャッシング

ところで、オートローン、第3の選択肢として、フリーキャッシングを使う方が増えています。
フリーキャッシングとは、モビット、アコム、プロミスといったキャッシング、あるいはカードローンのことを指します。 これらの用途は生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限るとありますが、自動車購入も、一時的に発生する流動費として生活費にカウントされます。
手続きも、銀行融資の時のように何枚も申込用紙に記入したり窓口へ足を運んだりといった手間がなく、審査結果も多くの場合、即日でわかります。
気になる金利ですが、会社によっても異なりますが、だいたい7.7%〜18%。
これは、信販系のオートローンの金利とくらべると、むしろ安い場合もあったりします。
しかも、審査→融資実行のスピードも早いので、すでに気になる自動車があるのならば検討すべき選択肢のひとつです。

▼モビットはこちらから申し込めます▼

LP素材 250x300

キャッシング会社一覧はこちらから→クリック!

オートローンの審査基準メニュー

オートローンの審査基準リンク