2009年10月の記事一覧

ノーローンのキャンペーンについて

キャッシング利用後1週間以内なら、利息は取らないという「無利息」のローンが世に出た時は、衝撃すら感じられたものです。
今や、「ノーローン」は、無利息のローンのパイオニア的な存在となっています。
テレビCMや電車やバスの広告などで、多くの人の脳裏にしっかりと刻みつけられました。
新生銀行がバックに付いていることもあり、安定した経営を続けているようで、評判の方も比較的良好です。

利用後1週間以内なら無利息というのは、ノーローンの基本とも言えるサービスです。
さらに、キャンペーン期間中は、よりお得なキャッシングができると評判になっています。
2009年は、12月30日までであれば、30日間無利息でキャッシングできるのというものです。
ただし、30日間無利息というのは、初めて利用するという人が対象となっています。
これを機に、キャッシングに踏み切ろうと考えている人が増えるかもしれません。

契約に当たっての審査は、ノーローンの全国の支店でできるので、必要書類がそろっていれば、出張の旅先で申し込む、などという芸当もできてしまいます。
キャッシング枠は、50万円までとなっていますが、「利用実績」を積み上げていけば、限度枠が引き上げられるシステムが採られています。
返済の方も、全国に設置されているATMで気軽にできてしまいます。
ATMは全国各地に53,000台以上もあると言われ、余程の僻地に住んでいるのでない限り、不便さを感じることは、まずないでしょう。
また、同じ新生銀行グループの消費者金融会社でやはり30日間無利息で有名なレイクと提携し、2009年10月から順次ですが、全国946ヶ所のレイク自動契約コーナーにて、ノーローンへの新規申込・契約ならびに既存のお客様向け各種サービスが受けられるようになります。
忙しい人にはますます便利なことですね。
ノーローンのキャンペーン情報は、随時、更新されることがありますから、
最新情報は公式サイトでチェックしましょう。

【ノーローン】初回30日間無利息+なんどでも1週間無利息


※ここに記載のキャンペーン情報は2009年10月時点の情報をもとにしています。
直近の正確なキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください。

キャンペーン金利とは

業界再編が話題になる昨今、金融業界もその例外ではありません。
ということで、さまざまな「キャンペーン」は消費者金融各社にとって、ユーザーに対するサービスであると同時に「生き残り戦略でもあります。
特に「無利息キャンペーン」は、利益のもとである利息を捨てるわけですから、そうとうの「出血大サービス」です。
もちろん、無利息と言っても、各社が定めた期限内であればという条件付きです。
その期間はというと...無利息の期間は、30日間というケースが多いようです。
そして、無利息の期間を超過してしまえば、当然のことながら金利が付くことになります。
期限内に確実に完済できる当てがあるのなら、ほとんどノーリスクでお金を使えることになります。

キャンペーンの利用対象となるのは、新規での契約に限るというのが大半のようです。
既に何度も利用しているのであれば、無利息の恩恵にあずかれないということになりますが、一部の消費者金融会社では、「期間中、何度利用しても無利息」ということもあるようです。

消費者金融とは違いますが、住宅ローンなどでもキャンペーン金利がある場合があります。
住宅ローンは、当初期間優遇タイプといって、金利優遇幅が借入れ当初の固定期間では大きく、以後は小さくなるものがあります。
一方、全期間一律優遇タイプは、全期間一律の金利優遇幅が適用されますが、その幅は前者より小さいというのが一般的です。
融資総額の大きな場合、上手く、キャンペーンを利用すれば相当額を節約できる可能性があります。

お金を借りるに当たっては、金利が高いか、低いか、返済計画を左右する大きな要素となります。
各社のキャンペーンを上手に利用すれば、かなり負担が軽減できるかもしれません。
あちこちに情報のアンテナを張っておくと朗報が得られるのは世の常です。
当サイトでも各社のキャンペーン情報を随時、掲載していますので参考にしてください。

モビットのキャンペーン

竹中直人のCMですっかりお馴染みになった「モビット」は、消費者金融大手として、比較的良い評判を保っているようです。
テレビCMなどで起用されるタレントのキャラクターイメージも同社の信頼イメージや安心感に寄与しているように思えます。

現在、モビットではとくに注目のキャンペーンを行っていません。
ただ、キャッシュバックモール、ポイントサイトなどでは、ポイントプレゼントキャンペーンなどを見つけることができます。
しかしながらそれらはモビットの公式サイトではなく、そのサイトが行っている「任意のキャンペーン」的なものなので、利用には注意が必要かもしれません。

ネットマイルサイトに関しては、モビット公式サイトの過去履歴を調べてみると、そのバナーが貼ってある時期もあります。
なので、そこはひょっとすると以前はモビットと公式に連携があったのかもしれませんが、今はリンク先がエラーになっています。

モビット公式サイト...キャンペーンというわけではありませんが、「Myモビ(マイモビ)」という会員用のセルフマネージメントサービスが人気のようです。
ウェブで「見える情報、見えるお取引」ということで、キャンペーンより「スピード」と「透明性」ということでしょうか。

※ここに記載のキャンペーン情報は2009年10月時点の情報をもとにしています。
直近の正確なキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください。

LP素材 250x300

ポケットバンクのキャンペーンは「30日間無利息」...期間限定です。

消費者金融業者として、口コミなどを通じ、最近メキメキと存在感を増している「ポケットバンク」は、「30日間無利息キャンペーン」を起爆剤として、さらに大きく羽ばたこうとしています。
その内容とは、利用の翌日から、一律30日間、利息がかからないというものです。
キャンペーンは、2010年3月31日まで実施されています。
無利息の対象となるのは、この期間内に新規の契約分です。
キャッシングの枠内であれば、追加で利用した分も、無利息の期間は、先に利用した分の期間が適用されます。
また、無利息の期限内に完済して、後で再度キャッシングしても、前のキャッシング分の無利息の期間が残っていれば、その分が適用されます。
このあたりの理解は、ちょっと面倒かもしれないので、詳細は公式サイトなどで確認したほうがよいでしょう。

返済方法は、店頭のATMか、提携コンビニエンスストアであるローソンのATMが利用でき、全国どこにいても利用できるので大変便利です。
キャンペーンの申し込みも、インターネットのホームページにアクセスするだけです。
申込み後の本人確認の手続きは、提携先である全国のプロミスの支店で進めるか、ポケットバンクが指定する必要書類を郵送するか、申込者の都合に合わせて選ぶことができます。

ポケットバンクのキャンペーンを機に、「キャッシング・デビュー」してみようかなと考えている人もいるかもしれません。
しかし、無利息というのは、あくまでも期間限定なので、永久に、という訳にはいきません。
通常の利息は、実質年率7.90~17.80%となっています。
それでも、無利息の期間に確実な返済の目途が立てられる人にとっては、ポケットバンクのキャンペーンは、「お得な」つなぎ資金として機能し得ます。
キャンペーン中、金利が安いからといっても、計画的な利用は大切です

※ここに記載のキャンペーン情報は2009年10月時点の情報をもとにしています。
直近の正確なキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください。

プロミスのサービス情報はこちら

「プロミス」はCMですっかりお馴染み。
消費者金融大手の「プロミス」の存在を、今や知らぬ者はいないと言っても過言ではないでしょう。
三井住友銀行がバックに付いているということも、会社の信用度を高めると共に、経営の安定にも貢献しているものと考えられます(現在の社名は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」)。
プロミスのサービスで注目されるのは、やっぱり「30日間無利息サービス」
プロミスをはじめてご利用頂くお客様のうち、 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

無利息となる期間は以下のお取引きの翌日より30日間無利息となります。

   ・まだご利用されていないお客さま ... 初回ご利用時
   ・既にご利用されているお客さま  ... お利息以上のご返済時
                                                      ご完済時は再度のご利用時

返済方法は、店頭の窓口を利用する他にも、提携銀行のATM、ファミリーマート、ローソンといった提携コンビニエンスストアのATM、さらには、インターネット上のネットバンクを通しても決済できてしまうので、忙しい人にも大変便利です。
サービスの申し込みは、プロミスのホームページにアクセスして、指示通りに進めば簡単にできてしまいます。しっかりとした資金計画が立っているのであれば、利用を検討してみる価値はあります。

【プロミス】実質年率『4.5~17.8%!』 審査は最短30分♪


直近の正確な情報は公式サイトでご確認ください。

アコムのキャンペーン

アコムは、1936年に創業された呉服問屋が発展して、現在では消費者金融の大手として、全国的にその名をとどろかせています。
「初めての~アコム~♪」のCMも、そらで言える程、すっかり耳にこびりついている位です。

さて、現在、アコムでは特別なキャンペーンは行っていませんが、「アコムMasterCard」では、以前はキャッシュバックキャンペーンがあったことがあります。
ちょっと前ですが、平成12年のことです。
これは「アコムMasterCard」でのショッピングが対象で、カードの新規登録が目的のようです。

また、アコムグループの「キャッシュワンカード」では、2009年8月20日から11月9日まで「ダブルキャンペーン」というのを催しています。
キャンペーンの目玉は、最大で40日分の利息に相当するネットマイルが進呈されるというものです。
ネットマイルは、1マイルが0.5円に相当するもので、結構使い出があるかもしれません。

キャンペーンのもう一つの目玉は、簡単なクイズに答えて「ワンダフルな」プレゼントが当たるというものです。
ソニー液晶テレビ「ブラビア」KDL-40PS 40V型が1名に、というものから始まり、i Robotの自動掃除機のルンバ530Jが3名に、パナソニックの電動アシスト自転車リチウム・ビビタフネス27型が1名と、アコムのホームページ上の賞品写真を見ているだけで、よだれが出てくるよう(?)。
他にも、ORBATIVEのデジタルオーディオZN-ZMX8Gが15名に、キヤノンのPower Shot A480が10名と、「ワンダフル」の名に恥じず、豪華賞品が目白押しです。

※ここに記載のキャンペーン情報は2009年10月時点の情報をもとにしています。
直近の正確なキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください。

アットローンのキャンペーン

消費者金融のアットローンは、「アットローン~♪」の印象的なCMも手伝ってか、知名度・評判共に抜群のものがあります。
そして同社では、さらに多くの人に利用してもらおうと、キャンペーンを実施することがあります。
キャンペーンには一定期間金利優遇などが人気ですが、アットローンの場合、バックが大手銀行ということもあり、あまり過激なキャンペーンはこれまで記憶にありません。
「自動審査で5秒回答」というキャッチフレーズなどはキャンペーン的と言えるかもしれませんが、現在実施中の公式キャンペーンはありません。

契約に当たっては、年齢が20歳から65歳で、定職に就いていることなどが条件となっていて、返済能力が問われるのは同業他社と変わりありません。
それに加えて、保証会社の保証が受けられることも条件となっているのも同様です。
アットローンでは、利用者の職業が、アルバイトでもパートでも良いというのは、特筆すべき点に数えられます。
さらに、カード発行は、自動審査で約5秒でできてしまうという迅速さ。かつての状況を知る世代には、思わず、時の流れを感じさせられます。

アットローンは、三井住友銀行がバックにあり、経営の安定度も信用度も、それなりに良い評判を得ているようです。評判のポイントは...

●三井住友銀行、プロミス、am/pm店内のATM、その他全国主要コンビニ店内のATMなどで24時間使うことができる。 
●三井住友銀行の支店またはATMコーナーに設置されたローン契約機なら、その場で審査・カード発行も可能

そして返済は、提携銀行、全国の提携コンビニエンスストアのATMからでき、忙しい人にも重宝されています。
実質年率9.5%~18.0%で、最大で300万円まで融資可能。
ただし、50万円以上の融資には、さらに慎重な審査が必要です。
申込みの時間帯によっては、即日融資が可能な場合もあります。
キャンペーンの内容をチェックするついでに、確認しておくと良いでしょう。

 

頑張る人のアットローン!


※ここに記載のキャンペーン情報は2009年10月時点の情報をもとにしています。
直近の正確なキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください。

タグ